家の購入を検討している方必見!注文住宅の基本知識とお勧めできるポイントなどをご紹介!

新築一戸建てのマイホーム購入と聞くと、分譲住宅や建て売り住宅を連想される人も多いのではないでしょうか。しかし、注文住宅も住宅購入の一つであり、分譲住宅や建て売り住宅にはない自由度といった魅力が存在します。注文住宅は、家を建てたい人のこだわりを取り入れた設備やデザイン、そして機能を持つ家づくりができるメリットがありますが、基本的な知識を持っていることで打ち合わせのときなど施工会社の説明を聞いた際に理解しやすくします。

目次
  1. 家の購入を検討している方必見!注文住宅の基本知識とお勧めできるポイントなどをご紹介!
    1. 注文住宅は自分の希望や理想を全て叶え具現化できる住宅です!
    2. 注文住宅では受賞歴のあるデザイナーや建築家に依頼することも可能
    3. 注文住宅施工は工務店にハウスメーカーや建設会社にオーダーするのが基本
    4. 注文住宅だからこそ耐震性や機能性を重視したカスタマイズの家を造れる!
    5. 注文住宅がお勧めできるポイント①一切の妥協なく建築できる(2023/8/3)
    6. 注文住宅がお勧めできるポイント②土地の方角や角地など拘ることが可能(2023/8/3)
    7. 注文住宅がお勧めできるポイント③設計士と密に相談可能(2023/8/3)
    8. 注文住宅がお勧めできるポイント④デザインや間取り変更の融通が利く(2023/8/3)
    9. 注文住宅がお勧めできるポイント⑤高級建材や輸入建材(2023/8/3)
    10. 注文住宅がお勧めできるポイント⑥有名デザイナーや設計士(2023.1.4)
    11. 注文住宅がお勧めできるポイント⑦デザインや仕様の個性や差別化(2023.1.4)
    12. 注文住宅がお勧めできるポイント⑧宮大工による建築(2023.1.4)
    13. 注文住宅がお勧めできるポイント⑨収納やクローゼットの充実(2023.1.4)
    14. 注文住宅がお勧めできるポイント⑩耐震性や節水に自家発電などが充実(2023.1.4)
    15. 注文住宅を長く愛するためのメンテナンスのポイント(2024/6/7)
    16. 注文住宅で実現する土間収納の魅力とその活用法(2024/6/7)
    17. 注文住宅の計画におけるビルトイン家電のメリットと上手な選び方(2024/6/7)
    18. 注文住宅に中庭を取り入れるメリットとプランニングのポイント(2024/6/7)
    19. 注文住宅で健康被害を受けない住宅資材とは(2024/6/7)

注文住宅は自分の希望や理想を全て叶え具現化できる住宅です!

注文住宅は自分の希望や理想を具現化できるおうちの建て方です。マイホームを持つという夢を実現する場合は、注文住宅を利用すれば理想の住まいを手に入れられます。建売だと間取りを自分で希望できませんが、注文住宅であれば自分の希望する間取りや装備を装着できるのです。カウンターキッチンの横並び装備や、物干しざおの位置など自分好みにカスタマイズが可能なのが魅力といえます。 日当たりが良いところにリビングや寝室を持っていき、軒下干しが出来るようにしたりなど、好みが分かれる分野もカスタマイズ可能です。トイレが二つ欲しい、玄関に洗面台を付けたいなど自分が欲しい整備をすることで、いざ居住する時にストレスなく過ごすことが可能といえます。設計士の人と相談することにより、理想を具現化させるために相談していくと良いといえそうです。理想を実現するために最大限の努力を建築会社も手助けしてくれるために、なんでも相談して公開ないようにしましょう。

注文住宅では受賞歴のあるデザイナーや建築家に依頼することも可能

注文住宅を建てる際には建築家やデザイナーを選ぶことが非常に重要です。注文住宅は一生に一度の大きな買い物であり、自分らしい住まいを実現するためには、自分のイメージをしっかりと共有できる信頼できるプロの力が必要となります。 そこで注文住宅を建てる際には受賞歴のあるデザイナーや建築家に依頼することがおすすめです。彼らは多くの実績を持ち、優れたセンスと技術を持っています。彼らに依頼することで理想の住まいを実現することができます。 受賞歴のあるデザイナーや建築家に依頼することのメリットはその豊富な経験と知識にあります。彼らは過去のプロジェクトで培ったノウハウを活かし、最新のトレンドやテクノロジーを取り入れた設計を提供してくれます。また、彼らは美しさだけでなく、機能性や耐久性にもこだわった設計を行っているため、安心して住まいを使用することができます。 さらに、こういったデザイナーや建築家はクライアントのニーズに応じた設計を行います。彼らはクライアントとのコミュニケーションを大切にし、クライアントの要望やライフスタイルを考慮しながら、最適な住まいを提供してくれます。そのため、自分らしい住まいを手に入れることができます。

注文住宅施工は工務店にハウスメーカーや建設会社にオーダーするのが基本

注文住宅の施工は、建て主の要望に応じて建築するため工務店やハウスメーカー、建設会社などに発注することが一般的です。これらの業者はそれぞれ得意とする分野や施工スタイルがありますので、建てたい家のイメージや予算に合わせて選ぶことが重要です。 工務店は、主に木造住宅の建築やリフォーム工事などを行う小規模な建築会社です。規模が小さいため建て主との直接的なコミュニケーションが取りやすく、建て主の要望に柔軟に応えることができるというメリットがあります。 ハウスメーカーは、住宅の企画・設計から施工・販売までを一貫して行う大手の住宅メーカーです。建て主が選ぶプランに沿って建築が進められるため、手間や時間を省くことができます。ハウスメーカーは、大手であるために施工技術や設計力において高いレベルを保持しているというメリットがあります。 建設会社は、主に公共工事や大規模な建築物の建築工事などを行う企業です。建築に関する技術力やノウハウが豊富であるため、建築物の耐震性や構造的な安全性に対する要求が高い場合に適しています。 注文住宅のオーダー施工には、以下のような流れがあります。 建物の設計を行いますが注文住宅の場合は、建て主が自分たちが暮らす家のイメージや要望を伝え、それをもとに設計が進められます。

注文住宅だからこそ耐震性や機能性を重視したカスタマイズの家を造れる!

注文住宅は、自分たちが暮らす家を自由にデザインすることができるため、耐震性や機能性を重視したカスタマイズの家を造ることができます。特に、地震が多い日本では、耐震性を高めることが非常に重要です。 耐震性を高くするためには、構造や材料を選ぶことが重要です。注文住宅なら自分たちの家に合った材料を選ぶことができます。例えば地震に強い構造を持つ鉄筋コンクリート造や、木造でも耐震性を高くする工夫を施すことができます。地盤状況に合わせた基礎工事も重要です。注文住宅なら、地盤調査を行い、最適な基礎工事をすることができます。機能性についても、注文住宅なら自分たちのライフスタイルに合った家を造ることができるのです。子育て世代には子育てに適した間取りや収納スペース、高齢者にはバリアフリーの設備を取り入れることができます。家族の趣味やライフスタイルに合わせたオリジナルの空間を設けることもできるのです。さらに住宅は、エネルギー効率の高い住宅を建てることができます。自然素材を使った断熱材の採用や、太陽光発電や電気自動車充電設備の設置など、省エネルギーにつながる設備を取り入れることができるのです。

注文住宅がお勧めできるポイント①一切の妥協なく建築できる

家づくりで後悔するケースを確認すると、理想の条件を取り入れられなかった場合が多いようです。
計画を立て始めた時から取り入れたいと考えたいた部分が実際には難しいと分かったり、計画には含められるが非常に高額で予算をオーバーしてしまったりと、様々な問題が発生します。
技術的に難しかったり規格が合わなかったりといったケースでは他の方法なら建てることが可能なのではないかと考えてしまいますが、妥協せずに家づくりをしたいのなら注文住宅がお勧めです。
注文住宅の良いところは、それぞれのニーズに見合ったものが建てられる点です。
他では見られないようなデザインを取り入れることも可能ですし、変わった間取りにすることもできます。
一般常識にとらわれない家づくりができますので、様々なこだわりがあるのなら注文住宅の方が向いています。
妥協するとずっと後悔しながら住み続けることになります。
そうならないためにも、こだわっている部分は追求するべきです。

注文住宅がお勧めできるポイント②土地の方角や角地など拘ることが可能

注文住宅を建てるメリットとして、土地の方角や形状に合わせたデザインや間取りを実現できることが挙げられます。
一般的な分譲住宅は、プランや外観が決まっており土地に合わせることは難しい場合があります。
しかし、注文住宅ならば、土地の方角や形状を踏まえて、自分たちが理想とするプランを実現することができるのです。
例えば、南向きの土地であれば、日当たりが良く、省エネ効果も期待できます。
逆に北向きの土地は日当たりが悪く、冬場の寒さも厳しいため、間取りや窓の配置に工夫が必要です。
角地であれば、通りからの視線や騒音対策を考慮する必要がありますが、一方で開放感があるデザインや庭の配置も考えられるのです。
さらに注文住宅では、自分たちのライフスタイルに合わせた間取りを実現することができます。
例えば、子育て中の家族であれば子供部屋を近くに配置し、共有スペースを広くとるなど家族が快適に過ごせるように工夫することができます。
注文住宅は、建築費用が高くなるというデメリットもありますが、長期的に考えると自分たちのライフスタイルに合わせた住まいが手に入ることで住み心地が良く、満足度が高いというメリットがあるのです。
資産価値も高くなり、将来的な財産形成にもつながります。

注文住宅がお勧めできるポイント③設計士と密に相談可能

注文住宅を建てる際、設計士との密な話し合いができることは非常に重要なポイントです。
以下にその理由を説明します。
まず、注文住宅は建て主の希望やライフスタイルに合わせた家を建てるため、建築家や設計士との意見交換が欠かせません。
設計士と密に相談をすることで、自分たちが求める暮らしや家族構成、趣味などを伝えることができます。
そして設計士はそれを踏まえた上で、よりよい家のデザインやレイアウトを提案してくれます。
そのため自分たちにとって必要なものが反映された理想的な家を建てることができるのです。
設計士との密な話し合いを通じて、建て主が自分たちのアイデアや要望を直接伝えることができます。
そして設計士はそれを踏まえて現実的かつ美しく、機能的な家をデザインしてくれるのです。
さらに建て主の予算に合わせたデザインや素材の選定も可能です。
設計士は、建て主が求めるデザインや機能を考慮しながら、予算に合わせたプランを提案してくれます。
素材の選定についても、設計士が建て主に選択肢を提示することで予算内で最適な素材を選ぶことができます。

注文住宅がお勧めできるポイント④デザインや間取り変更の融通が利く

注文住宅がお勧めできるポイントにはいろいろありますが、デザインや間取り変更の融通が利くことは大きな利点です。
建売住宅であっても決して自分の考えが反映できないわけではなく、要するに気に入った家を選べばよいわけですが、状況によってはそもそも選択肢が多くないこともあるでしょう。
全国どこでもよいのなら選択肢の幅も広がりますが、通勤や自分たちにとっての暮らしやすさを考えた場合に、住む場所は自ずとそれなりに決まってきてしまい、その中で探そうと思うと妥協を重ねないといけないこともあります。
注文住宅であればそのような点で妥協しなくてもよいというか、もちろん予算的な問題で諦めないといけないことはありますが、その範囲内であれば自分の意見を全て反映させることができます。
デザインや間取りはその家で暮らしていく上で非常に重要なことで、暮らしやすさに直結し、少ないストレスで楽しく生活できるようになることは間違いありません。

注文住宅がお勧めできるポイント⑤高級建材や輸入建材

注文住宅を建てる際に、高級建材や輸入建材を使用することは、豪華で高級感のある住宅を実現するための有力な手段の一つです。
注文住宅で高級な建材や輸入建材を使うことで、家の内外装において素晴らしいデザインや質感を実現することができます。
例えば、自然素材である大理石やグラナイトの床、高級木材を使用したカウンタートップやキャビネット、輸入タイルや石材を使用した外装などがあるのです。
これらの素材は美しく高級感があり、長期間の耐久性が期待できます。
高級な建材や輸入建材は、耐震性や断熱性にも優れています。
高品質な素材は長期間の使用に耐えうる強度があり、住宅の構造にも安定性をもたらします。
加えて適切な施工が行われれば、高い断熱性能を発揮し快適な室内環境を維持することができるのです。
さらに高級な建材や輸入建材は維持管理がしやすいというメリットもあります。
素材自体が耐久性に優れているため、修理や交換の必要性が少なくなります。
高品質な建材を使用することで、建物の劣化を防ぐことができます。
ただし、高級建材や輸入建材を使用することは、コストが高くなるというデメリットもあるのです。
そのため、予算やライフスタイルに合わせたバランスの良い素材選びが必要です。

注文住宅がお勧めできるポイント⑥有名デザイナーや設計士

注文住宅は自由度の高さが持ち味です。
決められたスタイルから選ぶのではなく、一から作り上げることができる形式です。
インテリアや間取り等は注文住宅の中でもこだわりを持つ部分ですが、有名デザイナーや設計士に依頼ができますので、雑誌で見たような素敵なスタイルを実現できます。
設計士やデザイナーに依頼すると、施工会社に依頼する分にプラスして費用がかかります。
しかし、自分たちのこだわりを詰め込んだ唯一無二の家を建てられることから、費用面で余裕がある場合には選択肢の一つとなりますし、完成した後の満足度も高いようです。
有名デザイナーは一般的に見られるような家とは違って、斬新なアイディアをどんどん出してくれます。
土地の形状や家族の暮らし方、それぞれの持つ要望を上手く融合させて、理想的な家にしてくれるのが特徴です。
要望を出せば驚くような方法で実現してくれることも多いため、依頼する場合には要望をきちんと伝えることをお勧めします。

注文住宅がお勧めできるポイント⑦デザインや仕様の個性や差別化

理想のマイホームを建てたいと考えるなら、建売住宅より注文住宅を選ぶと良いです。
注文住宅は、家主の希望やニーズによってデザインや仕様を自由に選べるため、一般的な住宅とは異なる個性や差別化が可能です。
これにより、自分たちだけの理想の住まいを建てられます。
注文住宅では、外観や内装のデザインを自由に選ぶことができます。
自分たちの好みやライフスタイルに合わせて、外壁の素材や色・窓の形状や配置などをカスタマイズすることが可能です。
また内装においても、壁の色や床材・照明などを自分たちの好みで選べます。
これにより、家主の個性を反映したオリジナルの住まいを実現することができます。
生活スタイルを考えて、機能性を重視した間取りや設備を選ぶことも可能です。
例えば、趣味や仕事に合った書斎やホームシアターを設置したり、家族の成長に合わせて子供部屋や多目的スペースを設けたりすることで、他の家とは違う、自分たちだけの家を手に入れられます。

注文住宅がお勧めできるポイント⑧宮大工による建築

注文住宅がお勧めできるポイントの一つに、宮大工による建築が挙げられます。
宮大工は、木造建築の専門家であり、伝統的な技術や知識を持っています。
そのため注文住宅を建てる際に大工に依頼することで、高品質かつ長持ちする建物を作ることがでるのです。
伝統的な技術と知識を持っているため、木造建築における強度や耐久性に優れた建物を建てることができます。
技術によって、細部まで精密に作られた建物を作ることができます。
そのため、美しい仕上がりや細かいディテールにこだわった建物を建てることができるのです。
木の風合いを生かした自然な雰囲気を持ち、木材の種類や風合いによって建物の印象を変えることもできます。
木材の特性や風合いを理解しているため、建物の内外で木材を上手に使うことができそのため、建物全体が統一感のあるデザインになるのです。
建築は、職人の手仕事が多く使われているため、建物全体に温かみがあります。
木の香りや触感など、五感に訴えることができます。
木材の経年変化や変色が美しく、年月を経て味わい深い建物になるのです。
お客の希望やライフスタイルに合わせた建物を提供することができます。
ゆえに自分たちが暮らす家を自分たちの理想に近いものにすることができます。

注文住宅がお勧めできるポイント⑨収納やクローゼットの充実

注文住宅で推奨できるポイントには十分な収納スペースを設けることもあげることができ、後から失敗に感じないように随所に作る方法が最適です。
各室内にはクローゼットを完備することは一般的ですが、注文住宅の場合は人気の高いウォークインクローゼットを作る方法もあり、換気を十分に行える位置であればカビの問題も起きません。
他にも玄関には靴を収納するスペースを造作家具で作り出すこともでき、壁の厚みを利用する方法であれば、出っ張り部分を少なくできる便利さもあります。
各居室には床下収納スペースを設ける方法もあり、キッチンだけに限定をせずに使い勝手が良い場所に作ることで大収納を実現させることができます。
他にも階段の下側を活用した収納スペースも作ることができ、市販品のキャビネットなどを置くのではなく、玄関収納と同じように造作家具で階段の段差を活かした収納家具を注文する方法が最適です。
リビングにも家具や家電品などを設置しないスペースがあれば、壁収納を作り出すことで充実させられます。

注文住宅がお勧めできるポイント⑩耐震性や節水に自家発電などが充実

注文住宅は、建築家やハウスメーカーと協力して自分好みの家を建てることができるため、住宅購入において人気が高まっています。
住宅の魅力は、建物自体が持つ様々な特長にありその中でも、耐震性や節水に自家発電などが充実した住宅は、特にお勧めできるポイントが多いと言えるのです。
まず、耐震性について考えてみましょう。
地震が頻発する日本では、耐震性の高い住宅が求められます。
注文住宅では、建築家やハウスメーカーが最新の耐震技術を駆使して地震に強い住宅を建てることができます。
地盤調査をしっかり行い、地盤が軟弱な場所には適切な補強工事を施すことで、より安全な住宅を実現することができるのです。
次に、節水について考えてみましょう。
水は貴重な資源であり、節水は環境保護につながります。
住宅では、節水設備を充実させることができますがトイレや洗面所には、省エネ型の水栓やシャワーヘッドを設置することで、節水効果を高めることができるのです。
浴室には、追い焚き機能や循環式の換気機能を備えた浴室を選ぶことで、より快適で節水につながる生活を送ることができます。
さらに発電についても考えてみると太陽光発電などの自家発電設備を備えることで、家庭で必要な電力を自給自足できるため、電気代の削減につながります。

注文住宅を長く愛するためのメンテナンスのポイント

注文住宅は一人ひとりのライフスタイルに合わせて理想を形にできる魅力に満ちていますが、大切な住まいを長く維持するためには適切なメンテナンスが不可欠です。注文住宅のメンテナンスでは、通常の住宅に比べて特別な注意が必要な部分があります。 特に、オーダーメイドで設計された部分は、標準的な住宅と異なり専門的な知識が要求されることもあります。 例えば、特殊な材料を使用している場合、その材料固有のお手入れ方法を熟知しておかなければなりませんし、独特のデザインの場合も、その構造を理解し適切な方法で保護していく必要があります。 期間を定めての点検も重要であり、特に雨漏りなどの水回りのチェックや、木材などが腐食する前に塗装のメンテナンスを行うことが求められます。 また、日常的な清掃や空気の流れを良くするため定期的な窓の開放も大切です。注文住宅で幸せな暮らしを長く続けるためには、定期的なメンテナンスを怠らず、愛着を持って住まいのケアをすることが何よりも重要です。

注文住宅で実現する土間収納の魅力とその活用法

住まいを構想する際、それぞれの家族構成や生活スタイルに合わせた収納空間のカスタマイズは重要なポイントです。 特に注文住宅では、個人の趣味やライフスタイルを反映したオーダーメードの収納が可能となります。土間収納は、そんなカスタマイズの中でも特に注目されている要素の一つです。 この収納スペースは、実用性とデザイン性を兼ね備えた家族共有の空間として役立ちます。例えば、靴やアウトドア用品、子供の自転車など、屋外と屋内の間で使い分ける物を収納する場所として最適です。 さらに、このスペースを利用して趣味の空間やゲスト迎え入れのためのエントランスルームとして活用することもできます。 注文住宅において土間収納の魅力をひと言で表すならば、それは「自由度の高さ」です。 住み手の要望に応じて、広さや形状、位置などを自由に設計できるため、家全体の機能性と美しさを高めることができます。 また、家事の動線を考慮してキッチンやリビングへのアクセスを容易にするなど、暮らしやすさへの配慮も施せます。 これらの特性を最大限活かし、居心地の良い住空間づくりには、専門家と十分な打ち合わせを行うことが欠かせません。 穏やかな暮らしや家族の時間を重視する人々にとって、注文住宅での土間収納の導入は、より質の高い住環境を実現する手段となり得るでしょう。 革新的な収納アイデアで家を快適にするためにも、ぜひこのオプションを検討してみてください。

注文住宅の計画におけるビルトイン家電のメリットと上手な選び方

自分だけの理想を形にする注文住宅は多くの方にとって憧れの存在です。 その中でも特に重要なのがキッチンの選び方でしょう。 ビルトイン家電は、キッチンに直接取り付けられるためスッキリとしたデザインを実現することが可能であり、空間を有効活用できるメリットがあります。 例えば、冷蔵庫やオーブンが壁の一部として組み込まれていることで、料理の効率が上がるだけでなく、見た目の統一感が出て、より洗練された空間を作り出すことができます。 また使用しないときには扉で覆い隠すことができるため、整理整頓が容易になるため、キッチンの清潔感を保つことができます。 注文住宅を建てる際には、このようなビルトイン家電を選択することで、機能とデザインの両方を満たした快適なキッチン空間を実現することが可能です。 ビルトイン家電を選ぶ際には、デザインだけでなく、操作性やエネルギー効率、アフターサポートの充実度などを考慮して最適な製品を選ぶことが肝心です。快適な暮らしに必要な機能を持った家電を選ぶことで、毎日の料理がより楽しく、効率的になります。

注文住宅に中庭を取り入れるメリットとプランニングのポイント

注文住宅を建てる際に、自分だけのオリジナリティを反映する方法はいくつもありますが、その一つに中庭の設計があります。 中庭は家の中に屋外の空間をもたらし、採光や通風を良くするだけでなく、住む人の心にもゆとりを与える要素です。 また、中庭はプライベートなオアシスとして、家族のコミュニケーションの場を作り出します。中庭を取り入れるメリットは多岐にわたります。 第一に、豊かな自然光が家の内部に流れ込み、光と影のコントラストが生み出す美しさを日常に取り込みます。 次に、適切な設計により、住宅全体の換気や温熱環境を改善することができ、エコフレンドリーな住環境を実現できます。 さらに、私的な空間を確保することで、近隣からの視線を遮ることが可能となるため、リビングや寝室を中庭に面させることもできます。 中庭のプランニングにおいては、景観との調和だけでなく、個々のライフスタイルに合わせたデザインも重要です。 大きな窓や開口部を設け、中庭と内部とのスムーズなつながりを作ることで、室内外の境界が曖昧になり、より開放的な空間を演出できます。 その際、四季の変化を取り入れた植栽を計画すれば、季節ごとの変化を楽しめる住宅になります。 注文住宅で中庭を取り入れることで、毎日を快適に過ごせるだけでなく、家という空間に新たな価値を加えることができるでしょう。

注文住宅で健康被害を受けない住宅資材とは

注文住宅は自分たちの理想を具現化する魅力的な選択肢ですが、健康被害を避けるためには住宅資材の選定に細心の注意が必要です。 住宅に使用される建材には、多様な種類があり、それぞれ異なるリスクを秘めています。有害物質を含む素材の使用は、室内環境を悪化させ、住む人の健康を害する可能性があります。 具体的には、ホルムアルデヒドや揮発性有機化合物(VOC)の発散が少ない素材を選ぶことが推奨されます。 これらの化学物質は、目や喉の刺激、アレルギー反応など、人体に様々な健康被害を与えることが知られています。 一方で、天然素材やエコマークなどの環境に配慮した認証を受けた資材を使用することで、室内の空気を清潔に保ち、健康的な居住環境を構築することができます。 また注文住宅を建設するにあたり、断熱材や気密材の質にも注意が必要です。 これらの資材は、快適な室内温度を維持し、省エネにも寄与する一方で、誤った選択は結露やカビの原因となることがあります。 これらは長期的に見て健康に影響を及ぼすため、品質の高い素材の選択が不可欠です。住宅を建築する際の資材選びは、単にデザイン性やコストだけでなく、住宅の持続性や住む人の健康を守るために重要な役割を果たします。 注文住宅を考える際には、専門家と十分に相談し、信頼できる資材を選び抜くことが求められます。 家族全員が安心して過ごせる住空間を築くお役立ち情報をここにまとめました。